Bitcoinのメモとか

気ままに売ったり買ったり

ビットコインの分裂?ハードフォーク?

http://bitto.hateblo.jp/

分裂とは・・・?

jp.techcrunch.com

ビットコイン分裂? いったい何事なの?」と思った読者もいるかもしれない。手短に説明すると、ビットコインのコミュニティではここ数年の「スケーラビリティ論争」の果てに分裂の懸念が高まっている。本流のBitcoin Core(これはビットコインP2Pネットワークのノードとなるソフトウェアの名前だが、ビットコイン開発者コミュニティの居場所でもある)から、新たに登場したBitcoin Unlimitedがハードフォーク(互換性がないアップデート)により分離独立するとの懸念が高まっていたのだ。

もともとビットコインには様々な弱点がありました。承認に時間がかかり、送金に時間を要したり、1秒あたりの取引件数の上限が少なかったり、スケーラビリティの問題なごがあり、以前から指摘されていました。ただ、下位互換性のないバージョンにアップデートされるとなると、いままでのいわゆるビットコインは使えなくなったり、相場が崩れたり大きな影響が出ることは間違いありません。

現在もかなり先行きが不透明で、ビットコインの値段も大きく値崩れしています(現在11万円/BTC前後)。落ち着いて静観するしか無いのでしょうか。逆に考えれば、今が買い時・・・?

フィリピンでビットコインが正式な支払手段に

http://bitto.hateblo.jp/

ビットコインに関する明るいニュース。

cointelegraph.com

ビットコイン中央銀行がコントロールしにくかったり、マネーロンダリングの危険性がある一方で、送金などが便利だったり生活に対するインパクトが大きい仕組みであります。特に新興国では、銀行口座を持っていない人が多いのと、海外で出稼ぎをして、そこで稼いだお金を安い手数料で祖国に送金をするというユースケースでは、ビットコインはかなり重宝すると思います。

仮想通貨のデメリットの部分であったり、法整備が整ったうえで、多くの国で多くの人々に使ってもらえるようになると、生活が一変するかもしれませんね。

bitFlyerが第三者割当増資で資金調達

http://bitto.hateblo.jp/

日本でビットコインといえばbitFlyer。そのbitFlyerが約2億円の資金調達をしたとのこと。

jp.techcrunch.com

とはいえ、今回の資金調達は、仮想通貨というよりはブロックチェーン技術に関して注目が集まっていると見られている。

3大メガバンクと生保大手の第一生命がbitFlyerとの資本関係を持った背景として、各社が次世代の情報システム基盤としてブロックチェーン技術を真剣に検討しているということは強調した方がいいだろう。

また、

bitFlyer代表取締役の加納裕三氏は「消せない、落ちない、安いデータベースには意味がある」と話す(なお加納氏は「ブロックチェーンはデータベースの一種だ」と説明する立場を取っている)。

ビットコインも確かに素晴らしい仕組みである一方、その要素技術であるブロックチェーンは、今後のデータベースの常識を覆すような技術であるのは間違えなさそうです。ところで、MUFGやみずほは独自の仮想通貨の発行を検討している模様。

www.sankei.com

こちらはこちらで今後が気になります。

bitFlyerのビットコイン販売所が24時間365日取引可能に

ビットコイン販売所が24時間365日お取引可能になりました!

bitFlyerのビットコイン販売所が24時間365日取引可能に

いままで、6:00-25:00だった販売時間が、24時間体制に移行されるようです。これにより、深夜などの時間外にビットコインが購入できるようになり、急なマーケットの変化にも対応できそうです。

ただし、メンテナンスなどにより取引ができない時間帯も存在するので、注意が必要です。

2017/02/09:ビットコイン暴落

突然の暴落

2017/02/09の夜9時ごろから、なんの前触れも無く暴落・・・。

2017/02/10 ビットコイン 暴落

凄まじい勢いです。

原因は中国のビットコイン取引所への調査か?

jp.reuters.com

中国人民銀行中央銀行)は9日、仮想通貨ビットコインを取り扱う9つの小規模取引所とビットコイン市場のリスクや問題をめぐり前日に協議したと明らかにした。取引所に対し、規制の深刻な違反があった場合は閉鎖される可能性があると警告したという。

btcnews.jp

中国のBTCCNY最大手取引所2社、OKCoin.cn、Huobi.comは、中国人民銀(PBoC)の調査をうけ、マネロン対策に不備があるとして、ビットコインとライトコインの引出しを停止し、体制整備に務めると発表した。期間は最大で1ヶ月になる見込みだ。

中国のビットコインユーザーやビットコイン取引所のマーケットへの影響度が、非常に大きいということが伺えます。ちなみに、LITECOINもETHEREUMも軒並み下落しています。他の仮想通貨に逃げるのかと思いきや、他も連動して下落している感じで、なかなか市場を読むのは難しいです。

逆に言えば、今が買いどきだったりするのでしょうか。とはいえ、今後の中国ビットコイン取引所への調査の進捗や、実際に閉鎖に追い込まれてしまうのか、そのあたりが非常に気がかりです。

Bitcoinをはじめました

なんとなく分かったことや調べたことをメモしていきます。

よろしくお願いします。

www.bitcoin.com

「Bitcoinのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。